読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naosports.

好きなスポーツについて語るだけのブログです。

【アカツキファイブ】リオ五輪第二戦 ブラジルに快勝!(日本女子バスケットボール)

予想外のゲーム展開…!

 

アカツキファイブ、第二戦の相手はブラジル。世界ランクは7位でけっこうな格上。ちなみに五輪前の壮行試合では二戦とも負けている相手です。

その相手に素晴らしいゲーム運びでの快勝!これは今大会ベストゲームになるんじゃないか?ってくらいので、素晴らしい戦いぶりでした(もちろん、この上を行く試合を見たいのが本音ではありますが)。

 

序盤は長身の相手とのインサイド勝負で苦戦するかと思われましたが、ベラルーシ戦よりもインサイドがしっかり戦えていました。

ベラルーシ戦で6本のスリーポイントを沈めた栗原には当然マークはキツく。

この試合で爆発的な活躍をしたのが渡嘉敷。スピード、パワー、高さ、万能ぶりを見せてました!ちょっと離れた場所でのショットも決め、ドライブインもでき、高さもある。素晴らしい活躍でした。

そして、この試合でも光っていたのは吉田亜沙美の「鋭さ」。

ここぞというときのスピードやカットインはもちろんのこと、勝負どころの見極めも素晴らしかったと思います。

 

さらに言えば、どれだけいいスターターがいても、5人だけでは戦えないのがバスケットボール。フルの時間でトップフォームの維持が難しい吉田に変わるポイントガード、町田はこの日も堂々としたプレイぶり。ややミスもありましたが、及第点以上の活躍は維持できていました。

20点差まで突き放したあと、主導権を握りながら安定してじりじりと時間を進め、見事に試合をクローズしたのも素晴らしかったです。

 

さて、ここまでの二戦、ちょっと出来過ぎの感がある気もしますが、次はトルコ戦。

二連勝でトーナメント進出は見えてきたものの、ここは、少なくとも「あと一勝」をこのチームには望みたい。グループ突破できたとしても、4位通過であれば逆グループ1位(であろう)アメリカと当たる可能性が高いですからね。

 

アウトサイドの栗原、インサイドの渡嘉敷と、活躍選手がうまくバラけていいリズムで来ています。そろそろ、「切り込み隊長」本川がヒロインになるか?など、管理人は思いつつ、応援したいと思います。

 

明日も早起きだ!