読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

naosports.

好きなスポーツについて語るだけのブログです。

【アカツキファイブ】リオ五輪第五戦はフランスに勝利!

記憶に残るチーム!

 

正直、「記録」はどうなるかわかりません。本日の結果で決まったのは、日本はグループ4位通過、したがって決勝トーナメント第一戦はアメリカと当たる確率が高い。そしてアメリカは強い。普通に考えれば、敗退が濃厚です。

でも「このチームなら」と期待してしまう。どれだけ低い確率でも、「もしかしたら」と思える。この大会の女子バスケットボール代表は、そんなチームです。まずはそんなチームであることを誇りたい。記録よりも記憶に残るチームであることを。

 

アカツキファイブ第五戦は、フランス相手に勝利。

情報を整理しておくと、この試合のティップオフまでに行われた試合で、日本には2位通過~4位通過の選択肢が残されました。13点差以上の勝利で3位通過、15点差以上なら2位通過。12点差以下なら、勝っても4位通過。

結果は、79-71での勝利。日本は4位通過となりました。

 

ゲーム内容を見ても、主導権を握っての、互角以上の戦いぶりでした。これまでの4戦と同じく全員が躍動したゲーム。吉田・渡嘉敷の柱は今日も強い。栗原は徹底マークに遭いましたが、本川が切れ込み、そしてアウトサイドでは吉田・町田・本川もスリーを決めてきた。最後の最後、ベンチメンバーの三好が決めきったシーンは涙なしには観れないものでした。

 

ゲームMVPは、私は吉田亜沙美を選びます。

インサイド、アウトサイドを使っての多彩な攻撃でディフェンスの的を絞らせず、フランスの潰しがバラけてきた時間帯には自分でスコアを重ねた。3Qの最後のブザービートにはさすがの勝負強さを感じさせました。

基本的には周りを使うのがうまい選手ですが、要所で試合を決めにかかる「握力」は本当に「惚れる」の一言。今日も見事でした。

 

・・・だからこそ、13点差以上で勝たせてやりたかった!!!

 

一戦ごとに強くなるチーム。

まだまだ見ていたいチーム。

メダルじゃない。最大試合数をこのチームに与えてください、そんな風に祈りたくなる面白いゲームを見せてくれるチームです。

可能性としては決して大きくはないですが、アメリカ相手にアップセットを狙ってほしいですね。いわく、「なでしこジャパンのアレ」です。

準々決勝で優勝候補と当たる、あったじゃないですか。あの5年前の奇跡に。

これだけの成長を見せてくれるチームなら、それだってあり得る。そう思い、次戦を応援したいと思います。